Welcome to Kappa House Produce

ワークショップ


終了
福島県伊達市立図書館主催 
2014年 朗読音楽劇ワークショップ成果発表会

2014年9月27日(土)15:30会場 16:00開演 会場・MDDホール

9月13日、15日の二日間伊達市立図書館での稽古を終え、27日の舞台での最終稽古を終えた
後、公演形式の成果発表会を行います。
今年は、小学生、高校生、ご年配の方のご参加で表現の幅も広くなり、
また皆さん熱心に取り組んでいらっしゃるので素敵な作品に仕上がると感じております。
是非、その成果をMDDホールでご覧ください。
2部でかっぱハウスプロデュースの作品「青い鳥」も上演致します。
劇場でお待ちしております。


終了
2013年10・11・12月 福島県伊達市立図書館主催 朗読音楽劇ワークショップ

2013年10月26日(土)13時〜18時

10月26日、朗読音楽劇ワークショップ一回目。
この日関東地方は、大型台風の通過で大荒れの天気…。
朝6時に車で横浜を出発。何とか時間通りに福島県伊達市にあるMDDホールに到着。
既に客席にはワークショップ参加の市民の皆さんがお越しになっていました。
緊張と不安からか落ち着かない様子で…。無理もありません、初めて朗読をされる方や、舞台での朗読が初めての方が沢山いらっしゃったので…。第一回のワークショップをいきなり劇場で行ったのは訳があります。最終到達地点を一番最初に体験してほしかったからです。生演奏のピアノ、照明、音響全て揃った中に身を置き、作品と向かい合っていく事で、このワークショップで何を吸収しなければいけないのか、
人前で自分のパフォーマンスをすることの難しさと楽しさを理屈なしに身を持って体験して欲しかったからです。発声・滑舌の基本稽古を経て、挿入曲「赤とんぼ」「もみじ」の歌唱練習、この辺りから、みなさんの硬い表情が解け明るく元気になってきました。そして、テキストの朗読稽古。あっという間の5時間でしたが、舞台上でのびのび表現する事の楽しさを感じていただけた第一回目のワークショップでした。
2013年11月23日(土)13時〜18時

11月23日、朗読音楽劇ワークショップ二回目。
この日横浜は真っ青な青空が広がる秋晴れでした。でも、休日ということもあり、高速道路は大渋滞…
休憩と食事時間を減らして何とか時間通りに福島県伊達市立図書館到着。今回は、技術的な事に重きを置いたカリキュラムを予定していたので図書館の会議室を使用。参加者のみなさんは、一回目で緊張感の中で舞台経験を経てきたせいか、この日は穏やかな表情でお越しになっていました。まず、ストレッチで身体をほぐし、リラックスすることからスタート。そして、歌唱指導を受けた「赤とんぼ」「もみじ」の歌唱練習。より細かい指導の発声・滑舌練習と順調にカリキュラムをみなさんこなしていかれました。休憩後、今回の朗読音楽劇ワークショップのメイン作品「カカシのアタシ」のメインキャストを決めるオーディションへと突入。役になって伸び伸びと自分が感じたままに思いっきり表現して下さいと伝えたところ、プロも顔負けの大アピール!感心するやら大爆笑するやらで大幅に時間オーバー。少しの休憩後、キャスト発表。やりたい役を取れた人、取れなかった人の心の変化を感じましたが、大事な時間を使って見に来てくれるお客様に満足していただける為には競争も大事なことだと分かっていただけたと思っています。作品と役を深く掘り下げていく事の大事さがテーマの二回目のワークショプでした。
2013年12月14日(土)13時〜18時

12月14日、三回目最終のワークショップ。この日福島県は雪の予報…。タイヤチェーンを積んで横浜を出発。関東は晴天でしたが、福島県に入るやいなや雪が舞い始めました(^_^;) 何とか一回目のワークショプと同じ劇場に到着。17時からお客様を迎え、成果発表会が控えています。しかし、二回目でメイン作品の稽古が出来なかったので、時間との勝負になると予想していた通りの一日でした。到着するやいなや別室で歌唱レッスン。その間にステージでは照明、音響、舞台セットの組み立て、それが終わるとメイン作品で役に選ばれた人のステージング、その間に別室で他の作品の確認稽古、
そして、ステージに全員揃っての舞台での稽古、最後に通し稽古…。時計を見るとすでに開場の16時30分を遥かに超えた17時前…。全員で一息入れて、10分遅れで成果発表の本番となりました。お客様、お待たせしてすみませんでした<(_ _)> でも、しつこく諦めないでぎりぎりまで稽古をした甲斐があって、本番はみなさんとても良かったです。良い出来でした。

メイン作品 朗読音楽劇「カカシのアタシ」は正味1時間30分で創り上げた作品ですが、良く頑張ったと思います。良い出来でした。演劇と朗読、音楽が一体の難しいスタイルですが、参加者のみなさんは、もっと時間をかけ稽古していけばより素晴らしい作品に仕上がるだろうという手応えを感じられたと思います。やはり何でもくり返しの稽古が質を上げます。それが分かっただけでワークショプの意義があったと思います。

三回のワークショップを経て、成果発表会を終えた後の舞台上での集合写真。みなさん、やり遂げた充実感で良い顔をしていらっしゃいました。このメンバーで朗読音楽劇の上演活動をこれからも続けて行っていただきたいと思っています。頑張って下さい!みなさんお疲れ様でした!

伊達市立図書館のスタッフの皆様、伊達市ふれあい会館MDDホールのスタッフの皆様、
お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

主催 伊達市立図書館
会場 伊達市ふれあい会館MDDホール
講師 朗読・演技指導・島岡安芸和 
歌唱指導・西島美子 ステージング指導・松永さち代
舞台監督・佐藤研二 アシスタント・岸本真依