Welcome to Kappa House Produce

かっぱハウスって?


Kappa House Produce History1
1993年、放送作家、桜井ひろしと共に、渋谷区元代々木にテレビ・ラジオ・イベント企画事務所、
メディアプランニング「インチワーム」を設立。インチワームとは別に、舞台の企画制作を目指し、
1996年7月、有限会社かっぱハウス設立。1996年12月、プロバイダに勤務する知人の薦めで、
実験的にインターネット上でのラジオドラマ配信の制作依頼を受け「あなたの胸に小さなクリスマスを...」
バレンタインをテーマにした「HOPELESSLOVE」を制作する。
インターネット上をホームグラウンドと考え、光ファイバーなど無い当時はWebでの活動は未知ではあったが、
「夢」「可能性」を求めて、1997年4月末日、インターネット劇団「かっぱハウス」を旗揚げする。
無償にも関わらずメンバー全員、作品を作ることの楽しさ、表現出来ることの幸福を感じ、
積極的にWebラジオドラマの制作、配信に没頭。
当時のメンバーは、現在、プロの俳優・声優・ナレーターとして活躍中で、とっても幸福に思う事のひとつです。
Kappa House Produce History2
この試行錯誤の時期を経験した結果、現在かっぱハウスプロデュースが得意とする、自然、優しさ、思いやり、愛情、
希望、命、笑顔をテーマにした作品、主に児童文学の作品をチェロとピアノ演奏によるオリジナル曲に乗せて歌い
物語る、朗読音楽劇のスタイルを確立する。1997年12月より舞台プロデュース開始。
ストレイトプレー、97Vたまがわげきいわむらかずお作 「トガリ山のぼうけん」初プロデュース。翌年には、
都内約一万二千人の小学生に観ていただいた、初の大劇場公演、98Vテプコ下町ミュージカル「トガリ山のぼうけん」を制作。
Kappa House Produce History3
2000年1月、拠点を横浜に移す。これを機にインターネットでの配信活動を終了する。
そして、朗読とオリジナル音楽のコラボレーションLIVE、「世界がもし100人の村だったら」を皮切りに、
「ニングルの森」「泣いた赤おに」「葉っぱのフレディ」「夕鶴」「わが友ノーム」「幸福の王子」等の作品を上演中。
幅広いファンの皆様の支持を得ています。
         
                     
     

         
   



Kappa House Produce History4
2004年8月、横浜青葉台にジャズ・タップダンススタジオ、かっぱハウススタジオをOpen。
2007年1月より、かっぱハウスプロデュースに名称を変更。
2009年10月末、かっぱハウススタジオを横浜青葉台から、川崎、鷺沼に移転。